吊り足場

■ 橋梁工事の際の吊り足場工事はお任せください!

吊り足場とはその名の通り吊り下げられた足場のことを指します。
通常の足場は垂直方向に組み上げていきますが、吊り足場は空中で水平方向に組み立てていきます。

吊り足場は主に橋梁工事やプラント・造船・大空間建築のメンテナンスなど、地上から足場を組むことができない場所での高所作業で採用される工法。作業箇所全面に吊足場を設置し、盛替えをする必要がなくなるので一連の工事を一気に進めることができます。

特に、当社は橋梁足場工事の実績が豊富ですので、安全性の高い施工をお届けすることができます。
経験豊富な職人の手がご入用の際はぜひお問い合わせください。

■ 吊り足場のメリット

◯組み立てが困難な場所にも対応

橋梁や高層ビルの吹き抜けなどの足場を垂直に組み立てるのが困難な場所でも、吊り足場なら設置することができます。

◯広範囲の作業が可能

水平方向に足場を組み立てるため、高所で横方向への作業が中心の現場に適しています。
作業箇所全体に吊り足場を設置すれば作業の効率も上がります。

◯高い安全性を確保

作業は常に手すりの内側で行います。
そのため作業者への安全性の確保にも貢献します。

◯工期の短縮

吊り足場移動床を設置後は、レールの延長作業のみでOK。
そのため工期自体の短縮を実現可能です。

◯資材の削減

足場面積が非常に少なくなるため、足場板などの資材量を大幅に減らすことができます。

【電話】 090-8542-2745
【受付時間】 8:00~17:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 東海三県(岐阜・愛知・三重)

一覧ページに戻る